インテリア雑貨で揃えるなら統一性をもって飾るのがベスト

統一性がカギ?インテリア雑貨の配置・ポイントとは?

ダサい部屋になりがち?NGインテリアとは?

私達人類は安全に生活をする為に、家という概念を持ちこれまで当たり前の様に暮らしてきました。家は安全な生活を守る為だけでは無く、時には自分のステータスや癒しの空間として存在してきました。インテリアの始まりは自分の家と他者の家を区別する為に生まれたといわれています。それが時代と共に移り変わっていき、装飾性を増していきました。

その時代や生活、そしてニーズによって変わっていくインテリアはある程度余裕を持てる様になってからは、爆発的に拡がりました。15世紀に名を馳せたルネッサンス時代ではシンメトリーや調和に重きを置いた家具が人気でした。有名な大聖堂はルネッサンス時代を代表するといわれる美しい装飾が施されています。16世紀末バロック儀式では立体感を取り入れるのが特徴です。それからロココやネオクラシック、ジョージアンと様々な装飾が生まれては消えていきました。

日本のインテリアについての歴史は海外に比べるととても浅く、明治時代になってからやっと浸透しました。それまでは家具=生活に必要なものであり、装飾などは一切求められませんでした。しかしこの時代を皮切りに西洋文化を取り入れていき、装飾=ステータスと認識され始めました。当初は海外の文化を寄りいれるだけでしたが、少しずつカスタマイズされ日本独自のインテリア文化を構築していきました。国や人種によって違うインテリアは、学べば学ぶほど楽しく生活にも役立つスキルといえます。

インテリアと人類

オシャレな部屋や家だといるだけで気分が良くなりますし、快適に暮らせそう!そう考えてインテリアに凝ってみるけれど思っていたイメージとは違う。 初心者がやってしまいがちなNGインテリアをいくつか公開しています。ダサい部屋といわれない為に要チェックです。

インテリアのテイストを理解しよう

一言でインテリアといっても様々なテイストがあり、それらを理解した上で配置しなければなりません。 自分の好みでテイストを決めるのも良いですが、生活のしやすさやリラックス出来るかなど多くの要素で決める必要があります。人気のテイストをいくつかピックアップしています。

ベストな配置をチェック

オシャレなインテリア雑貨は部屋の雰囲気を良くしてくれます。とはいってもどう配置すれば良いのか分からない。まずはシミュレーションをして、どんな部屋にするのかを確認する事から始めましょう。 その上でベストな配置を決めて行けば大きな失敗はありません。